警備会社事務、江里29歳、警備会社警備員直幸28歳、出会い系サイト体験談

MENU

20代警備会社勤務の男性が出会系を利用した体験談

私は警備会社の事務員をしています。同じ会社の男性のことは恋愛対象外、夜勤も多いし大変な仕事なのを知っているので、結婚相手としては考えていませんでした。25歳くらいから結婚願望が強くなってきて、一時は同じ会社の社員にも目を向けてみた結果でした。

 

ある遊び系の出会い系サイトで、6人くらい会ってみましたが、どの人もいまいちで、もうひとつ少し年齢層が高い出会い系サイトに登録をしなおしました。そこで、あ、いいな!と思ったのが直幸でした。

 

第一印象は顔、タイプだったんです。

 

職業は会社員とあり、私は勝手にごくごく普通のサラリーマンを想像しました。いいね!をするとすぐにいいねが返ってきて、メールのやりとりが始まりました。

 

一歳年下ですが彼も婚活をしていて、両親が年をとってからの子どもだから、自分は早くに結婚したいことなどを話しました。理由もしっかりしていて、誠実そうな印象を持ったので、会うことを前提で仕事終わりで平日でも会えますか?と聞くと、夜勤がなければ、と返ってきたんです。職種を聞くと、彼は警備員でした。私とは別の会社ですが仕事内容などはだいたいわかります。

 

私も同業で事務してますと言うと、もしかして同業は避けていますか?と聞かれてしまいました。はじめに正直になろうと思って、確かにきつい仕事なのは充分過ぎるほどわかっています。

 

とだけ言うと、一度会ってもらうことはできますか?と言われ、断るのも極端だし会ってみることに。守秘義務などもあるので仕事についてはあえて避けましたがそれ以外でも会話は盛り上がりました。

 

夜勤については、まだ始まってもいないのに、拒否するのもおかしい話で、また会ってほしいと言われたのもお受けしました。何度か会ううちに、お互いに惹かれあっているのを感じて、具体的に色々と話し合うことになりました。

 

私は結婚したら仕事をやめるかパートに抑えたいこと、今の職場はパート採用はないので、退職して他の業種で新しいことにチャレンジしたいこと、彼は週の半分が夜勤になるので、結婚生活をするとなるとかなり不規則に合わせることになる、子どもができても同じ、平日休みはなにかと便利なこともあるなど、良い点も悪い点も話し合いました。

 

この条件を受け入れられないと、結婚はできません。後から不満を言うのはなしです。私は彼との生活を選びました。自分でもあれだけ避けていた職業の人と結婚するなんておかしな巡り合わせだねと楽しんでいます。