出会アプリを利用した女性の体験談

MENU

出会アプリを使った女性の体験談

私は女の友達がいません。昔から嫌われてしまいできませんでした。男友達のほうが気楽でしたし、彼氏も常にいたので、寂しくはありませんでした。でも、卒業してからは、結婚したり彼女ができたりすると、女の私と友達付き合いを続けることは難しくなるようで、彼氏がいない時期、私はひとりぼっちになります。彼氏も、長続きができず、だんだん彼もいない時期のほうが長くなってきました。

 

その寂しさを解消するために出会い系サイトを使いだしました。22歳、彼氏募集、簡単なコメントにたくさんメールが来て、私が気に入った人と都合の合う人に会うことができるようになりました。私は特定の彼氏が欲しいわけではなく、その場を楽しむ感覚でした。

 

いい雰囲気になったら、体の関係からでもいいと思っていたので、ホテルにも行きました。ほとんどの男性は食事もホテル代金も出してくれて、翌朝までのお泊まりになると朝食もご馳走してくれて、金欠だった私はすごく助かりました。

 

何度か会う人もいればその日だけで終わってしまう人もいましたが、出会い系サイトに登録している限り、私は自分のおかねを出すことなく美味しいものを食べたり、時々はなにかを買ってもらえたりすることができました。正直、ちょっと利用しているところはありました。

 

でもあまりに、人数が増えすぎるのも困るので、ある日出会った男性に、あることを持ちかけました。彼が私を気に入ったのはすぐにわかったので、パパ活してるんだ、と甘えてみたんです。その人、37歳でいいスーツを来て、持ち物もブランド品だけど、いかにもモテなさそうな感じ、出会い系サイトを使っているのも、もてないからなんだろうとわかりました。

 

だから、あなた一人としか付き合わないと決めるけど、その代わりにちょっと金銭面を助けてほしいと言いました。彼はすぐにオッケーしてくれました。若い彼女ができて嬉しそうでした。体の関係は、なしなら、食事と記念日のプレゼントとか、会ったときの費用全額、ありなら、プラス家賃、ただし、毎回はしないことも了承済みです。

 

彼はありを選びました。だからそのままホテルに行って事を終えて、今月分の家賃をもらうことはできました。彼は素人童貞みたいで、かなり私を気に入った感じでした。

 

私も不潔な感じもなく、それなりに気持ちよかったので、我ながらいい人と出会えたと思えました。これで毎回サイトで探さなくてもよくなったし、生活も潤います。こういうウィンウィンな関係が作れるのもサイトならではだと思いました。