悪質出会アプリの特徴その2(フィッシング詐欺)

MENU

悪質出会アプリの特徴その2〜フィッシング詐欺〜

よく、ニュースなどで話題の悪質出会アプリですが、見分け方には、様々な方法があります。
今回は、フィッシング詐欺について、話していきます。

 

架空請求

LINEが中心の昨今、身に覚えのない女性や男性からメールがきて、フィッシング詐欺をされたり、実際、無料として利用していた出会アプリから「無料」として、自分は使っていたのに、様々な理由をつけて、料金を要求してきます。
一方で、以前に登録した出会アプリから、情報が漏れて、フィッシングが行われている可能性があります。

 

同時登録されてしまう?

悪質な出会アプリの中には、複数の出会アプリに、登録されてしまう事があります。そうした、出会アプリは、後払い制で要求される事があります。

 

対処方法として

怪しい出会アプリには、登録しない
やはり、1番大事なのは、怪しい出会アプリには、登録しないのが1番良いと言えます。
後々で、後悔しないために、先ずは信用のない出会アプリには登録しないのが1番です。

 

相手にしない
数日立つと、メールで催促され、メールボックスが一杯になります。
取り立ての会社名から、催促されたり、裁判所など公的な名前を騙りだしたりし、こちらとしては、焦ってしまいます。
しかし、こちら側が相手にするとカモにされる可能性があります。

 

メールアドレスをブロックしたりし、相手にしないのが1番良いと言えます。
どうしても、対処が困難な場合は、国民生活センターや消費者センターに相談すると、良いと思います。

 

契約内容を確認する
契約内容は、サラリと流してしまいがちですが、実は契約内容を確認する事は、トラブルを未然に防ぐ役割もあります。
もし、契約内容でおかしい点があれば、その出会アプリに関わらないのが良いと言えます。
また、個人情報として、クレジットカードの番号や暗証番号を聞いてくる場合があります。
大抵の出会アプリの場合は、免許証で個人確認が取れますから、クレジットカードの確認を促される場合は、怪しいと言えます。